どんな種類があるのか

定期借地権は一つではありません。いくつかの種類が存在していて、一般定期借地権と建物譲渡特約付定期借地権、さらに事業用定期借地権の3つがあります。一般住宅を建てる場合に利用されているのが一般定期借地権と建物譲渡特約付借地権で、コンビニやファミレスなどお店や会社などを建てる場合に利用するのが事業用借地権です。

一般定期借地権は、契約期間が最低でも50年とされていて、それ以上になったとしても問題ありません。契約更新は不可能で、契約満期になった場合は建物を処分し更地の状態にしてから返還する必要があります。

建物譲渡特約付借地権は、一般定期借地権とは違い最低で30年の契約となります。契約更新は基本として不可能としているのですが、一般定期借地権とは違い建物を処分する必要がなく貸主が買取するようになります。万が一買取ができなかったら、借地権の消滅ができなくて、いくら満期になったとしても契約終了になりません。

事業用定期借地権は、事業を目的としているため建物の制限があります。住宅を建てることができなくて、事業用物件ではなければいけません。契約期間は最低で10年と比較的短く、契約満期には更新不可で更地にして返還するかもしくは建物を無償で譲渡するようになります。建物買取請求はできませんので、その点を理解して借りる必要があります。

どのタイプも違った特徴がありメリットデメリットが存在しています。メリットデメリットを把握してから借りるかどうかを検討してください。