それぞれのメリットデメリット

定期借地権の種類によってメリットデメリットが違います。ではどのようなメリットデメリットが存在しているのでしょうか。

一般定期借地権は、最低でも50年と長い年月で借りられるのがメリットです。しかし満期になり返還が必要になると、建物を壊さなければいけなくなるため建物財産をお金にできないデメリットがあります。貸主にとって更地で変換されるため費用が少なく土地活用を可能としているメリットがあるけれども、50年と長い年月の間貸さなければいけないのがデメリットです。

建物譲渡特約付定期借地権は、満期になると建物を貸主に売ってお金にできるメリットがあります。ただ、一般定期に比べて契約期間が30年と多少短くなってしまうのがデメリットになります。貸主は、多少短い期間で土地返還してもらえて建物で家賃収入を得ることができるようになるメリットがありますが、満期に大きなお金が必要になるのがデメリットです。

事業用定期借地権は、利用者にとって短期契約を可能としているのがメリットですが、建物が限られてしまうのがデメリットです。貸主は、短期的な土地活用や事業によって高い土地代を設定することができるメリットがあるけれども、建物用途が限られてしまうため利用者が少ないのがデメリットです。

それぞれのメリットデメリットは、利用者や貸主の目的や状況によって大きな負担になることもあれば大きな利を得られるようになりますので、よく考えてからどの定期借地権にするのかを決めましょう。